--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X Factor's Joe: I'm gay and I'm proud

2010年08月03日 23:55

 Leona Lewis(レオナ・ルイス)Shayne Ward(シェーン・ワード)など輩出したイギリスのオーディション番組「X Factor」の昨年の優勝者Joe McElderry同性愛者であることをカムアウト。各紙で大きく報じられています。

 telegraph.co.ukの記事 >>

Joe McElderry

 先日彼のTwitterのアカウントがハッキングされ、
 「It's been difficult living a lie for so many years.」
 などと何者かが悪戯、もしくはアウティングを試みるTweetがありました。
 この事件がMcElderry曰く「ターニングポイント」になったようです。

 イギリスの音楽界で同性愛者であることをカミングアウトする歌手は皆無ではなく、オーディション番組出身でチャート1位の常連に駆け上がったWill Young(ウィル・ヤング)や、イギリス人ではないもののイギリス、アイルランドで絶対的な人気を誇るボーイバンド「Westlife」Mark Feehilyも2005年にゲイであることをカミングアウトしました。

 10代の女の子たちの支持なしではキャリアがなりたたない男性アイドルにとって、「I am gay」とカミングアウトすことのリスクは小さくないだろうし、怖いものだと思います。昨年休暇先のスペインで肺水腫のため急逝した「Boyzone」のメンバーStephen Gately(スティーブン・ゲイトリー)が1999年に同性愛者であることを発表した際には、ゲイの男性アイドル歌手がカミングアウトする足がかりを築いたとも、ロールモデルになったとも言われました。

Joe McElderry


 今回Joe McElderryがカミングアウトした目的は本当はどこにあるのか、「アウティングされて事実が世に出る前に自分の口で発表したい」という意図なのかはわからないけれど、憶測が憶測を呼ぶという悪循環が避けられることは確かです。まだ若い男の子のカミングアウト、しかもチャート1位のヒットを持つ19歳の有名人の決断だけに、彼の周囲もしっかり支えていってあげて欲しいなと思います。そしてJoeの勇気を称えたいですね。

 Be Happy! Be Gay!


ランキング参加中!!
↓ポチっとよろしく!!
人気ブログランキングへ
こっちもポチっとね↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://julian2003.blog134.fc2.com/tb.php/45-1d582351
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。