--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1985年8月12日

2010年08月12日 22:22

 あれからももう四半世紀か・・・。

 お盆休みで母の実家の祖母に会いに行っていたときでした。
 午後7時すぎのニュース速報が目に入ったときには、ショックで震えが起こったのを覚えています。
 午後8時台のテレビはこんな感じだったんですね。





 自分も飛行機は割とよく使うほうですが、
 「まさか事故に遭うなんて・・・」
 と思うようにしています。
 気流の関係で強く揺れることがあっても
 「大丈夫。すぐに落ち着くから」
 と平静を保つように。
 そうじゃなきゃ、やっぱり他の乗り物よりは怖さを感じるから。

 この日航機墜落事故で家族や友人、知り合いを失くされた方々以外の人でも、この日以来
 「飛行機には乗らない」
 と心に決めた人もいるのかもしれません。
 
 「他の乗り物に比べると事故が起こる確率は低い」
 と言われるものの、毎年世界のどこかで事故は起こります。
 そして起きてしまうと、ダメージは他の乗り物よりも大きなもの。
 安全な空の旅が出来るよう、航空各社万全を期して欲しいものです。


ランキング参加中。応援クリックをどうぞよろしく!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


コメント

  1. ヱビス | URL | ihMNMLjo

    123便のこの事故は自分にとっても衝撃でした。
    生存者のうち1人が同い年だったので他人事と思えず。
    当時の新聞やテレビ報道もたくさn目にしましたが、
    その後発表された、事故に関わった警察、医療関係者等の手記、報道関係の記録、舞台等も、いろいろ調べました。
    おっしゃるとおり、一度起きるとダメージが大きい故に、交通運輸に関わる人たちには、語り継いで欲しい出来事ですね。

  2. Massa | URL | -

    僕はフジテレビの露木茂さんが報道デスクから何時間にもわたってこのニュースを報道されているのを、実家のテレビで心臓をバクバクさせながら見ていたのを覚えています。その数日前に大学の夏休みで伊丹から長崎まで飛行機で帰ってきていたのでその事故のショックは相当大きかったです。夏休みが終わって京都に戻るときはもちろん新幹線にしました。数年飛行機に乗れなかったです。。

  3. Julian | URL | -

    ◆ヱビスさんへ

    事故後に出されたボイスレコーダーの機長の肉声だったり、
    その後の調査でわかったことを見聞きして、
    思わず涙が出てしまったこともあります。

    飛行機は好きだけれど、揺れるとやっぱり怖いし、
    いつでもどんなときも楽しめるわけじゃありません。
    けれど乗らなきゃいけないときはどうしようもないんですよね。
    飛行機にしろ、電車にしろ、自動車にしろ、
    どんな乗り物にもリスクはあるんですよね。

  4. Julian | URL | -

    ◆Massaさんへ

    > 僕はフジテレビの露木茂さんが報道デスクから何時間にもわたってこのニュースを報道されているのを、実家のテレビで心臓をバクバクさせながら見ていたのを覚えています。その数日前に大学の夏休みで伊丹から長崎まで飛行機で帰ってきていたのでその事故のショックは相当大きかったです。夏休みが終わって京都に戻るときはもちろん新幹線にしました。数年飛行機に乗れなかったです。。

    その年は羽田沖に墜落した事故もありましたね。
    本州に住んでいるなら他に移動手段はあるけれど、
    北海道だと、長時間のフェリーが無理な場合、
    飛行機を使うしかないんですよね。
    その年の冬、家族で沖縄を旅行したんですが、
    羽田を経由して千歳(札幌)に戻る際の飛行機が揺れまくって、
    ものすごく怖い思いをしたのを覚えています。
    着陸後、拍手まで聞こえたほど…(苦笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://julian2003.blog134.fc2.com/tb.php/61-266983ac
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。